ゆらゆらする向こう側

さわやかな色の空だな。

晴れるのは嬉しいけれど、きのう梅雨入りだと聞いていただけに、なんだかこの軽やかな空気に気持ちがついていかない。

たった一夜で、梅よりも西瓜が似合う季節に、変わってしまったみたいだ。

昼ちかくに、焼きそばと西瓜を食べたあと、眠気に負けてすこし横になった。

今月は忙しい忙しいとまわりには言っているくせに、

気を抜くとすぐにいつもの調子で過ごしてしまう。

 

夕方から、銀座のギャラリーでやっている諸星大二郎の原画展を見に行った。

大好きな栞と紙魚子の原画が見られて満足。

MOOKとしおしみのカードセットを買った。

私が行った時間帯には、ご本人も在廊していらした。

いらっしゃると思っていなかったので、嬉しくもあり、なんだかどきどきするような気持ちにもなった。

直接話しかけることはできなかったが、会場にいらっしゃる先生の姿を遠巻きにちらちらと眺めていた。

似たような気持ちだったお客さんも多かったようで、たまにそっと目線を遣ったり、先生のほうにそれとなく顔を向けたりするから、なんだか会場にいた大半の人間がやたら不自然にゆらゆらと揺れていた。

会場にあった「間違ってない探し」。

全然違うように見える2枚の絵に共通する同じ箇所を探すというもの。

非常に難しかったけど、そのあとに続く「間違い探し」のほうが難問だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください